岩松勇人が説明する起業時に利用できる補助金と助成金の違い

起業する人が対象の補助金と助成金

補助金とは何か

起業するのに資金が足りない場合、銀行に融資を頼むと言うのも手ではありますが、借りたお金は後に返さなくてはなりません。
最初から借金を抱えてのスタートは気も重くなりがちですし、融資の審査も厳しくなり簡単には通らなくなっています。

同じように厳しい審査を通過しないと受ける事が出来ない制度に助成金というものがあります。
この制度の場合、お金を用意するのは銀行ではなく国や地方公共団体です。
また、銀行の融資との大きな違いは受け取ったお金は返済不要なのです。
デメリットとしては、募集内容を満たし、さらに選考に残らなければ受け取る事はできない点と、お金は後から支払われるのですぐにはもらえない点です。

それでも起業資金を一部でもいただけるなら有難いですので活用したいですね。

助成金とは何か

補助金と助成金は国や地方公共団体がお金の用意をしてくれるというメリットが同じで紛らわしいのですが別の制度になります。
違いとして大きいのは補助金は募集内容を満たし、さらに選考を通過しなければもらえないのですが、助成金の場合は受給要件を満たして申請を行えば原則として受け取りが可能となっています。
補助金と同じように返済義務もありません、

自分の使いたいタイミングと助成金の制度が使える条件が合わなければ利用することはできないので、自分の起業したいと考える助成金はあるのかチェックしておくと良いかと思います。
条件は満たしていても期日が間に合わなければ受け取れないので募集期間や必要書類は忘れずにチェックが必要です。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
TOPへ戻る