岩松勇人が説明する起業時に利用できる補助金と助成金の違い

起業したいと思ったらまずやるべきこと

そもそも補助金、助成金とは?

基本的なこととして、そもそも補助金とは、そして助成金とは一体何なのでしょうか。
補助金、助成金とは、国や自治体が行っている資金援助のことです。簡単に言ってしまえば、起業のために必要なお金が、国や自治体から貰えるということ。起業のためのお金を工面する方法として、銀行から融資を受けるという選択肢を思い浮かべる人も多いでしょう。銀行からの融資はあくまでお金を「借りて」いるので、当たり前ですが起業した会社の収益から返済をしなければなりません。しかし、補助金や助成金は資金援助ですので、返済する必要がないのです。これはリスクを伴う起業という選択をする上で、大きなメリットではないでしょうか。
ただし補助金や助成金を受けるためには審査があり、申し込めば誰でも受けられるわけではないので注意が必要です。

補助金と助成金の違いとは?

補助金と助成金は、どちらも公的資金で返済不要。支給を受けるためには申請をして審査を受けなければなりませんが、起業する側としては、メリットしかない資金援助のシステムです。
それでは、補助金と助成金はどう違うのでしょうか。
実は、明確にこの2つを分ける明確な決まりはありません。しかし大きな傾向として、補助金は支給される金額が大きく審査が厳しい、助成金は支給される金額は少なめで審査も通りやすいという雰囲気があります。
また、補助金は申請の期間が短いのに対し、助成金は申請期間が長く、いつでも申し込めるというような特徴があります。補助金は審査が厳しいのは前述の通りで、申し込みの条件を満たしていても支給されないことがあります。反対に助成金は、条件を満たしている申し込みに関してはほぼ審査が通るので、確実に支給を受けられます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
TOPへ戻る