岩松勇人が説明する起業時に利用できる補助金と助成金の違い

補助金とは?種類と特徴

補助金を主催している団体

補助金を主催している団体には、どんなものがあるのでしょうか。
まず、代表的なのが経済産業省です。経済産業省では、経済や産業の発展を促すことを目標としており、中小企業に対する補助金制度が充実しています。特定のエリアでの活力を引き出したり、ビジネスの振興がその目的となっており、地方に旅行客を呼び込んだり、省エネ活動をしていたりする企業に対しての補助金制度もあります。ホームページに公募内容が掲載されているので、チェックしやすいのが嬉しいですね。
また、各地方自治体でも補助金を出している場合があります。その地方自治体ならではの公募内容の補助金が多く、地域に根差した会社に有利な内容です。起業する前に、自分の住んでいる地域の自治体が補助金を出していないかホームページなどでチェックしてみましょう。

補助金の種類

具体的に、どのような補助金があるのでしょうか。代表的なものを見ていきましょう。
まずは、創業時に利用できる補助金である「創業補助金」です。簡単に言えば、起業したいと思い立ち、その起業内容が斬新で、面白いものであった場合に支給される補助金です。金額も100万円から200万円までとかなり高額ですので、審査も厳しいものにはなります。公募期間は毎年4月から5月と短いので、見逃さないように注意が必要です。起業のアイディアに自信のある人にはぜひチャレンジしてほしい補助金ですね。
また、「ものづくり補助金」というのもあります。これは、生産性を向上させるための技術開発をする中小企業に対する補助金で、最大1000万円までと高額の援助が受けられます。起業内容にあった補助金を見つけましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
TOPへ戻る