岩松勇人が説明する起業時に利用できる補助金と助成金の違い

利用する際に用意するもの

何を用意してから申し込むのか

補助金も助成金も、申し込まないと受けられません。
申し込む際に用意するものが、それぞれ異なります。
補助金は、起業にお金を使うことを証明する書類を用意してください。
会社を設立するための計画書など、様々な書類があると思います。
それを見せると、本当に起業するために必要だと相手も理解してくれるでしょ。
口頭で、起業のためにお金が必要だと伝えても借りられません。

信用されないので、お金を借りられないでしょう。
きちんと資金を用意してから、起業を進めてください。
資金が足りていない状態で起業すると、トラブルが起こった時に対応できなくなってしまいます。
トラブルが起こると信頼が低下するので、経営がうまくいかなくなります。

助成金を申請しよう

助成金は、受けられる人の条件が決まっています。
条件を満たすことを証明できる書類を提出して、申し込んでください。
仕事を辞めて何か月以内の人など、条件が決められています。
条件に該当しない人は、残念ながら助成金を受けられないので注意してください。

書類は役所に行ったり、以前働いていた会社からもらったりしなければいけないなど種類があります。
必要な書類を見極めて、早めに用意してください。
これからどんな時に書類が必要になるかわからないので、書類をもらったら大事に保管する習慣を身に付けると良いですね。
書類の種類によっては、もらうのにお金が必要です。
失くしたからと何度も発行してもらっていると、費用の無駄になります。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
TOPへ戻る